テープ起こし, 在宅ワーク

タイピングを練習していた時の話

しっぽなです。

11月ですね。

冬季うつ(ウインターブルー)の症状が出ないように、

なるべく外に出るようにしている私です。

毎年数回、落ち込みやパニックの波が来るのですが、

今年こそ穏やかに過ごしたいものです。

 

ワープロ専用機と講座の話

私は、Windows95が発売された年に、大学生になりました。

ルーズソックス、厚底ブーツ、ポケベル世代です。

大学3年生の時の後半に、そろそろ卒論の準備をすることになりました。

当時パソコンは、まだまだごく限られた人しか使っていなかった時代。

私の大学の場合、卒論を書くときは、

手書きか、ワープロ専用機を使うのが一般的でした。

 

ところで、ワープロ専用機に触ったことのある世代って、

大体どのぐらいまでなんでしょう?

画像などで見たことはあるけど、実物を見たり、

触ったことのない方も、今はもう多いですよね、きっと。

こういうやつですね。

 

 

 

 

 

 

 

私はそれまで、ワープロを使ったことがなかったのですが、

卒論を手書きで書くのは大変そうだなと思い、

ワープロを勉強することにしました。

通信講座で有名な「がくぶん」さんの講座です。

がくぶんさん、今サイトを見てきたんですが、

今もさまざまな講座が開講されているんですね。

さすがに、当時私が受講した「ワープロ講座」は、

もうなくなっていました。

テープライター養成講座もあるんですね。

ヘッドホンも付いて、テキストも何冊もある感じです。

7万7,000円、なかなかのお値段ですね……。

ちなみに、個人的には

刑事塾・元ベテラン刑事が教えるウソの見抜き方講座

というのが、気になって仕方ありません。

 

ワープロの勉強を開始!

卒論を本格的に書き始める前に、ブラインドタッチ

(当時は、タッチタイピングという呼び方はまだありませんでした)

をマスターし、そこそこのスピードで打てるようにすることが、

私の目標でした。

性格上、ぎりぎりになるまで書かないだろうなと思ったので、

なるべく早く打てるようになりたい。

それで選んだ、平仮名入力でした。

覚えるキーは多いけれど、その代わりに少ないタッチで打てる、

そんな単純な理由です。

同じ理由で、平仮名入力を選んでいる人が、当時は周りにたくさんいました。

(今、かな入力の人、あまりいないような気がするのはなぜだろう)

講座に付いてきたCDに、女性の声で録音がされていました。

平仮名入力の場合、ホームポジションは「は」と「ま」なので、

まずその入力からです。

「は、ま、は、ま、スペース、は、ま、は、ま、スペース、は、ま、は、ま……」

のような感じで、最初はゆっくり、少しずつスピードが速くなっていくのですが、

女性の声に合わせて入力していきます。

だんだん文字数も多くなり、単語を入力するようになり、

最後は女性の話すスピードで、文章を入力していきます。

私はがくぶんさんのまわし者ではありませんが、

この講座のおかげで、ブラインドタッチができるようになりました。

その後社会人になり、仕事の都合上、ローマ字入力も練習してできるようになったのですが、

その際にも、取っておいたCDにお世話になりました。

 

いざ、卒論!

大学4年生の時は、目の回るような忙しさでした。

社会福祉士になるための実習、

卒論のための実習、

国家試験の勉強、

就活、

そして卒論。

当然(?)卒論を書くのは後回しです。

ですが、ワープロを速く打てるようになっていたおかげで、

無事に提出し、卒業することができました。

(締切3週間ぐらい前に書き始め、前日に提出)

あれが手書きだったらと思うと、ぞっとします……。

 

卒業後の話

私は基本、接客や営業の仕事をしていたのですが、

やはり文書を作ることが必要な場面があるので、

速く打てるということを、結構評価していただいていたように思います。

元々、追い込まれて卒論を書いていたところから、

速くタイピングができるようになったのですが、

テープ起こしの仕事をするようになってから、

さらにスピードが上がった気がします。

元々平仮名入力なので、ローマ字入力の1.5倍ぐらいの速さでは打てると思うのですが、

それに加えて、日々仕事をしているうちに、やはり速くなっていくのですね。

なのにどうして、毎日のように料理しているのに、

一向に上手にならないんでしょうね……。

(好きじゃないからだと、自分では分析しております)

 

それでは、また!

にほんブログ村 その他生活ブログ 速記・テープ起こしへ
にほんブログ村

4 thoughts on “タイピングを練習していた時の話”

  1. はじめまして。読者登録させていただきました。
    ランサーズでテープ起こしのお仕事を受けはじめた主婦のフリーランスです。まだ初めて数か月です。
    企業と直接契約することも気になっていて、すごく参考になっています。こちらにお引越しされる前から楽しみに読ませてもらっています。
    今自分はローマ字入力なのですが、やはり、ひらがな打ちを習得たほうがよいのでしょうか

    1. 桐谷さま
      読者登録ありがとうございます。
      ランサーズでお仕事されているのですね! 私はクラウドソーシングは未経験なので、
      お仕事をなさっている方は、すごいなと思います。
      かな入力は確かに、覚えてさえしまえば早くタイピングできますが、
      ローマ字入力でも、よく使う言い回しをたくさん単語登録して、スピードアップにつなげている方を知っています。
      今、ローマ字入力でまだつまづいているのであれば、かな入力にしてしまうのもありだと思いますが、
      もうローマ字でお仕事を始めているのであれば、そちらのほうをを磨いたほうがいいかもしれませんね。
      いつも読んでいただき、ありがとうございます!

      1. お返事いただき、ありがとうございます!
        ランサーズは、もう1年くらい、いろんな仕事を受けているのですが、先月からテープ起こしのお仕事をもらうようになり、スピードアップする方法を模索中です。
        でも、クラウドソーシングは、手数料がとられてしまうところが残念です。仕方のないこととですが。

        お答えとても参考になりました。単語登録は少ししかしていなかったのですが、もっと増やして、有効に使いたいと思います。
        ありがとうございます。
        しっぽなさんの引き続きのご活躍をお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です