テープ起こし, 在宅ワーク

夏休み2019

f:id:bataashikingyo40230609:20190830180823j:plain

しっぽなです。

火曜日から、息子の2学期が始まりました。

来週から給食も始まるので、仕事の時間がしっかり取れます。

逆を言えば、夏休み中はどうしても、

通常どおりに仕事ができませんでした。

そんな2019年の夏休みを、振り返りたいと思います。

 

主なイベント

1週間ほど、茨城県南にある私の実家に帰省しました。

普段は会えないじいじ、ばあば、

そしてその近所に住んでいるいとこたちにも会えて、

相当楽しかった様子の息子。

帰省中にお祭りに行ったり、花火をしたり、

いとこと遊びに行ったり、

しっかりと茨城を満喫したようです。

(寂しくて、帰りの車の中で泣いていました)

他には、夫の両親と姉、いとことともに、群馬に旅行に行きました。

こちらでも、楽しい思い出がいっぱいできたようです。

その他にもちょっとしたお出掛け、

例えば映画に行ったりプールに行ったり花火を見に行ったり、

クワガタを取りに行ったり、工作教室に行ったりと、

なかなか充実した夏休みだったのではないでしょうか。

お出掛けがない日は、近所の子や、クラスの子と遊んだりしていました。

そして、最終日にバッチリ、宿題が残っていました……

 

「母親」の大変さ、そして反省

赤ちゃんの頃のように、離乳食をあげるとかおむつを替えるとか、

そんなことはもうない小2の息子ですが、

それでも昼ご飯を作ったり、

息子の友達が来れば、お菓子やジュースを出したり、

(そして正直、かなり騒がしい)

一緒に出掛けたり買い物したりと、

どうしても息子のペースに合わせて日中は過ごすことになります。

ですので、いつもどおりに仕事をするのは、なかなか難しかったです。

去年はあえて仕事をセーブしてしまったのですが、

今年はほぼ通常どおりに仕事を入れていたため、

余計に大変でした。

仕事をすると大変だけど、

かといって、仕事を入れないとそれはそれで手持ち無沙汰な時間が多く、

それでついつい、仕事を入れてしまっていたんですよね。

ですが、今振り返ると、やはり後悔。

だって、何度も深夜まで仕事したし、

何なら明け方まで仕事をした日も、1日や2日じゃありません。

体に良くないことをしていたことも確かですし、

仕事のクオリティー的にも、落ちていたかもしれません。

だとしたら、私を信頼してお仕事を任せてくださるクライアントさんに、

すっごい迷惑ですよね。

前回のブログで、「無理をしない選択」とか書いておいて、

結局無理をしてしまった私……。

次の休みこそは、無理をしないと誓います。

以上、しっぽなの夏休み報告でした。

 

それでは、また!

にほんブログ村 その他生活ブログ 速記・テープ起こしへ
にほんブログ村