テープ起こし, 在宅ワーク

第8回文字起こし技能テスト(R)を受験しました

f:id:bataashikingyo40230609:20190530142820j:plain

しっぽなです。

一般的に、4月は文字起こしの仕事は閑散期といわれており、

実際に私も、3月の半分以下の仕事量でした。

今年度はPTAの役員になってしまったため、そちらの仕事が忙しかったです。

なので、ちょうどよかったぐらいではありました。

今はもう5月の末ですが、連休明けからはもう忙しく、

仕事、仕事の毎日でした。

 

そんな中、去る5月26日日曜日に、第8回の文字起こし技能テスト(R)があり、

前回に続き、私も受験しました。

簡単ではありますが、その感想を書き記したいと思います。

文字起こし技能テストについてご興味のある方は、

こちらの公式ホームページをご覧ください。

mojiokoshi.org

 

前回の失敗を生かしたこと

前回、結果が届いたときの記事はこちらです。

第7回文字起こし技能テスト(R)の結果が届いた!

前回「失敗したな~」と思ったのが、

問題のpdfファイルと、回答を入力していたエディターソフトを

行ったり来たりしていたことでした。

特に支障のない方も多い部分かもしれませんが、

私はこれで、問題を何度も見たりして、

余計な時間を使ってしまいました。

紙ベースのテキストや問題集で勉強していたため、

PC上のpdfを見ながら問題を進めることに、

慣れていなかったのですね。

なので今回は、問題を印刷してから試験に臨みました。

人それぞれだと思いますが、

私にはこの解き方が一番合っているようです。

なので、前回のような、

問題文を読み足りなかったことによるミスは減ったかと思います。

ちなみに私はノートパソコン1台で仕事をしており、

サブディスプレーというものを持っていません。

あると、片方で問題を見て、もう片方で回答できたりするんでしょうか?

よく分からないのですが、もしそうなら便利だなと思います。

 

知識編後……、見なきゃよかった?

文字起こし技能テストは、知識編と技能編に分かれており、

知識編が終わった後に15分の休憩があります。

この間に私は、ついつい知識編の回答を、再度見直してしまったのですね。

すると……!

ケアレスミス発見! しかも3カ所も!

どんなミスかというと、()←回答 の中に入れる文字が、

足りなかったり多かったりするものです。

自分が出した回答自体は恐らく正解だったのに、

例えば、「きょうは(晴れて)いる」と回答するところを

「きょうは(晴れ)いる」みたいになっているという……。

かなりがっくりきました。

確実なミスだけで3カ所あるので、実際どうなんだろう。

もう、それ以上は確認するのをやめました(泣)

 

その後、技能編

技能編は、約5分の音声を30分で起こすという内容です。

仕様に従って起こす必要があるため、それに沿っていなければ減点です。

また、チェックポイントと呼ばれる箇所があり、

そこが正しく入力できているかも問われます。

また、適切な段落替えや、句読点の打ち方なども同時に問われます。

前回のテストでは、緊張して指が震えてしまい、

見直す時間もほとんどなくてギリギリ提出だった私ですが、

今回は17~18分で起こすことができ、

その後の時間を見直しに充てることができました。

そう書くと、まるでしっぽながレベルアップしたかのようですが、

実はそうではありません。

その時点で私は、納期が迫った仕事を数件抱えていたため、

そちらに気持ちが行っており、

良くも悪くもテストに対する緊張感がなかったんですね。

そして、「仕事仕事、早く仕事やらなきゃ!」っていう思いから、

テスト中にまで、無意識に起こすスピードが少し速くなったのだと思います。

だからといって、得点を取れているかどうかは別の話。

やはり、結果はドキドキです。

試験が終わった夜、メールで回答の速報が来るという夢まで見たので、

潜在的に、かなり気になっているんだと思います。

 

結果が来るのは1カ月ぐらい先

終わったことですし、ミスをしてしまったことも自分の今の実力と思い、

(悔しいけど)

のんびり結果を待とうと思います。

今後どれぐらい受験するかは未定ですが、

スペシャリスト(1000点満点中901点以上)認定されるまでは受験したいので、

まずは実務に励みたいと思います。

テストは半年に1回行われているので、

次は11月です。

受験してみたいという方は、テキストや問題集をご一読されて、

練習問題を解かれることをお勧めします。

Kindle版 文字起こし技能テスト 公式問題集

Kindle版 文字起こし技能テスト 公式問題集

  • 作者: 文字起こし技能テスト問題制作部会
  • 発売日: 2018/04/04
  • メディア: Kindle版

 

ただ、脅かすつもりはないのですが、

テキストや問題集に比べて、

本番の問題は、若干難しいように感じています。

(あくまで、私が2回受験した感想です)

テストは、新聞表記での受験か速記表記での受験か選べるのですが、

新聞表記の場合(こちらで受験する方が圧倒的に多いです)は、

『記者ハンドブック』に準じた表記をすることが必要になるため、

必ずご準備の上、よく出る表記に関しては、

暗記してしまったほうがいいと思います。

※ 速記表記での受験の場合は、『新版 標準用字用例辞典』に準じた表記となります。

こちらは、公益社団法人日本速記協会から、直接購入する形になります。

 

それではまた!

にほんブログ村 その他生活ブログ 速記・テープ起こしへ
にほんブログ村