テープ起こし

テープ起こしの勉強、後編 仕様や聞き取り

f:id:bataashikingyo40230609:20181211170943j:plain

しっぽなです。

前編はこちらです。

テープ起こしの勉強、前編 表記について

今回は、テープ起こしの仕様や、聞き取りに関して書いていきたいと思います。

 

仕様とは

仕様というのは、音声を、どういう形で起こすかということです。

会社にもよりますが、大きく分けると、素起こし(逐語起こし)、ケバ取り、整文といった感じです。

 

素起こし(逐語起こし)の例

素起こし(逐語起こし)というのは、ほとんど聞いたままを起こすこと。

もちろん、表記には気をつけながら起こします。

例えば、

「えーっと、あの、私がきょうの昼に食べたのは、あのね、オムライス、あっ、違う、ミートソースにしたんだった。まじですごいおいしかったよ。」

こんな会話があったら、そのまま起こすといった感じです。

 

ケバ取りの例

ケバ取りというのは、「ケバ」と呼ばれる、

起こしに必要ない発言や、言い間違い、重複している発言などをカットする起こし方です。

上記の文章をケバ取りすると、

「私がきょうの昼に食べたのは、ミートソースだったの。すごいおいしかったよ。」

こんな感じです。

ちなみに、しゃべり口調なのに、「ミートソースだった」と断定調にするとバランスが取れない感じなので、「の」を足してみました。

これぐらいであれば、ケバ取りの範ちゅうだと思います。

 

整文の例

これをさらに整文すると、

「私がきょうの昼に食べたのは、ミートソースでした。すごくおいしかったです。」

「私がきょうの昼に食べたのは、ミートソースだった。すごくおいしかった。」

などとなります。

※ 正しくは、すごい→すごく なので、整文の場合、変更します。

※ テープ起こしには、絶対的な正解というのはないので、

句読点の打ち方など、起こす人によって多少違ってきたりします。

ただし逆に、絶対的な間違いはたくさんあるので、やはり勉強が必要になってきます。

 

最初は悩む……

案件によって、どんな仕様で起こすかの指示があるので、

それに従って起こしていきますが、

ケバ取りなら、どこまでがケバなのか、

どこまでを残してどこを取ればいいのかというのは、初めは難しいものです。

整文ならケバを取ったあと、さらに、

どこまで整えるかということに悩んだりします。

その辺りはとにかく勉強だと思います。

テープ起こしの業界では有名な廿(にじゅう)さんの講座には、

この辺りのことがとても詳しく書かれています。

 

文字起こしで始める在宅ワーク「文字起こし初級オンライン講座」

 

私は、廿さんの講座で勉強をしつつ、ドリルでも勉強しました。

 

 

知らない言葉は、起こせない

それから、聞き取りに関してです。

テープ起こしをしたことがある人なら、たぶん誰でも思うのが、

「知らない言葉は起こせない」ということだと思います。

(これは、廿さんが言っていたことです)

特に、早口で言われたり、途中で噛まれたりすると、

全く聞き取れなかったりします。

そんなときに、「こう聞こえた」という言葉でネット検索をかけると、

意外と「これだ!」とヒットすることがありますので、

根気よく調べることと、普段から言葉に触れておくことが大切だと思っています。

普段からニュースを読んだり見たり、読書をしている中で、

意味が分からない言葉があれば、すぐに調べます。

語彙を豊富にしておくことは、とても大事です。

 

それでも、起こせないこともある

録音状態や、話者の話し方によっては、なかなか聞き取れないこともあります。

もうどうしても聞き取ることができないなら、

ハウスルールに従って処理します。

でも、最初聞き取れなくても、次の日聞き直すと、

不思議とすうっと聞き取れたりすることがあります。

(これは、テープ起こしをしている方なら、あるあるな話です)

あとは、再生ソフトのノイズ調整をしたり、イコライザーの調整をしたりすると、

聞こえやすくなることもあります。

他にもいろいろありますが、掘り下げると大変なので、この辺りで終わりにします。

参考になるとよいのですが……。

 

次回は、テープ起こしの収入に関して、書く予定です。

それでは、また!

にほんブログ村 その他生活ブログ 速記・テープ起こしへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です